アンティーク家具で部屋の模様替え

アンティーク家具でお洒落な部屋を演出しよう!

アンティーク家具の素材にはどのような物がある?

アンティーク家具の素材にはどのような物がある? アンティーク家具とは、100年を経過した家具のことをいいます。
現在アンティーク家具として使われているものの多くは、19世紀末から中産階級向けに大量生産された家具で、庶民派な実用的なものが多くあります。
また、素材は様々なものがあるのが特徴です。
高級アンティーク家具に使われるのはウォルナット材と呼ばれるもので、赤茶色の木肌が特徴です。柔らかく木目が細かく詰まっているため、温かみがあり柔らかな表情をしているものが多く、大きく美しい彫刻の家具などに使われています。
チーク材は重く堅いというのが特徴ですが、加工が容易で仕上がりも綺麗なのが特徴です。最高級材のひとつで家具だけではなく船舶などにも利用されます。
経過とともにロウ状の成分が表面に染み出してチーク色の落ち着いた色合いになります。
オーク材は今でもよく使われる材料で、アンティーク家具としては種類は多数に存在しており、木材が取れた地域や作られた年代、時代背景、カットの仕方や塗装のかけ方で印象は大きく違ってくるのが特徴です。

コーディネートのワンポイントにアンティーク家具!

コーディネートのワンポイントにアンティーク家具! 部屋をモダンな雰囲気づくりにするのであれば、ワンポイントにアンティーク家具を置くのは効果的です。
なんといってもアンティーク家具は雰囲気も良いだけではなく、つくりもしっかりとしたものが多くあります。さらにデザインも個性的で素敵な物が多くあるからです。
雰囲気作りには、持ってこいのアイテムでもありますから、お店作りなどのコーディネートにも使えますし、自分の部屋をレトロなムードのインテリア用品としても最適です。
その際には照明を間接照明にするか、柔らかい色合いの光にするなどをしてさらにムードを出しましょう。
レトロ感ありながらも、カントリー風にすることでさらに部屋の雰囲気もかわります。
アンティーク調のインテリアもたくさん販売されているので、組み合わせてコーディネートをすると良いでしょう。
さらに、協調をするためにも、アイキャッチ効果としてアンティーク家具を強調するような配置をすることで、コーディネートのメリハリをつけることができます。