アンティーク家具で部屋の模様替え

アンティーク家具でお洒落な部屋を演出しよう!

アンティーク家具の売れ筋は?

アンティーク家具の売れ筋は? スウェーデンやデンマークなどの北欧諸国のアンティーク家具は非常に人気があります。
デザインもかわいいですし、木製の家具なので、温かみがあり、若い女性を中心に買いそろえる人が少なくありません。
その中でも売れ筋なので、タンスやキャビネットです。
洋服や化粧品といったプライベートな品々を収納する場所として活用する女性が多いようです。
輸入品の場合が多いですので、アンティーク家具は通常の家具に比べて価格が高いのですが、長く使える丈夫な家具ではありますので、将来も使い続けることを想定して先行投資する女性も多いようです。
男性から女性へのプレゼントとして、親から子へのプレゼントとして活用する人も多いようです。
ネット通販で購入する方法も普及してきています。今後は北欧から直接買い付けるような方法も整備されていくことでしょう。
逆に、タンスなどの日本製のアンティーク家具も世界中に普及していくであろうと予想されるところです。

良質なアンティーク家具の特徴

良質なアンティーク家具の特徴 良質なアンティーク家具の特徴を見分けるには、まず木材の種類を知ることが必要です。
アンティーク家具の中で一番多く使われているのがオーク材ですが、他にもマホガニー材、ローズウッドの家具、ウォルナット材、チーク材、パイン材。
この木材にどういった彫刻が施されているか、木目の模様なども特徴的です。職人さんが確かな腕で、ちょっとやそっとでは壊れないよう頑丈に作られたものであり、かつ長く綺麗に使えば価値が上がる美術品です。
古美術商のような目利きと、知識と年月、歴史を知らないと本当に良いものを見極めるのは難しいと思います。
高級感あるものから、暖かい雰囲気、アンティークとひとくちに言ってもタイプは同じではありません。
良質なアンティーク家具の特徴は単なる美術品ではなく、人々が暮らした証の傷や汚れ、それが年輪。人の手をかけワックスで磨いた証が物を大切にすること。
そこに人が暮らしたという長い年月が年輪となり、暖かさや味として変化し新しい家具が持つことができない魅力を持ったもの。
それが良質なアンティーク家具の特徴だと思います。